So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

雑記

青年団「暗愚小傳」善通寺公演、無事公演終了しました。
芸術監督特権をふるに活用して、3ステージ、全部観ました。
面白かったです。

山内さんを中心とした俳優たちがすばらしいですね。
観終わったあと、「現代口語演劇を観た!」という満足感がありました。
「俺たちが現代口語演劇を創り、体現してきたんだ」という自負のようなものが感じられました。
劇団だからこそできる表現の深さを観れた気がします。
そういや久しぶりに高村光太郎の「智恵子抄」を読んだら「梅酒」という詩で泣きそうになりました。
考えたら若いときなんて詩のよさなんてまったくわかんなかったなー、とか思って、
そう思うと歳をとるのもそう悪くない気がします。

昨日から、サンポートホール高松と四国学院大学の共同事業「高松なう」の稽古が始まりました。
多田さんが高松入りされて、いよいよスタートです。

http://www.sunport-hall.jp/event/main/2015/post-27.html

市民の皆さんが高松をテーマに戯曲から作って上演までこぎつけます。
どうぞ、お楽しみに。
2月21,22日が本番です。

たまに、砂に水をまいているような気持になることもあるのですが、
「暗愚小傳」を観られたお客さんが満足そうに帰られたり、
市民劇やWS参加の市民のかたが楽しそう笑っているのを見ると、
やってよかったなー、とか思ってまた頑張ろうと思えます。
ふと周りを見渡すと、同じように水をまいている人がいたり、
小さいけど芽がでてきたりしていて。
大変だけど、せっかくいただいている機会を大事にしなきゃな、と改めて思います。

ということで、今日も、せこせこと事務作業に、授業に、打ち合わせに追われています。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青年団「暗愚小傳」善通寺公演は22日(木)から!

またまた更新してませんでした。
あらら。
1月、2月は演出作品がないので少しはゆっくりできるのかなと思っていたのですが、
いろいろ業務があったりして、あいかわらずの日々を送っています。

昨日夜、「暗愚小傳」のみなさんが善通寺入りされ、今日は朝から仕込みでした。
学生たちも朝から照明つり込み、搬入、仕込み、手伝ってくれていました。
1年生たちもこの1年で随分と成長しました。

青年団「暗愚小傳」善通寺公演は22日木曜日から24日土曜日までの3ステージです。
初日の22日はおかげさまで前売りは完売したようです。
23,24日はまだ席に余裕がありますのでぜひ。
また全ステージで当日券もだせますので、ぜひぜひお願いします。
東京公演・伊丹公演、ともにとても評判がよかったようです。
私もとても楽しみにしていた公演ですので、この機会をお見逃しなく!
オリザさんが21歳の時に書いた戯曲で、高村光太郎とその妻の生活を描いた作品です。
23日は追加でオリザさんのアフタートークも決まったようです!!!

詳しくはノトスHPで
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/557.html

劇場でお待ちしております!!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年もお世話になりました

今年もお世話になりました。

演出が12本、
WSがいっぱい、
事務仕事さらにいっぱいな

年でした。
厄年にふさわしいこともあったりしましたが、
演出のほうは
学生たちとの創作や
地域の人との市民劇や
プロの俳優とのクリエイションや
全部、素敵な出会いばかりでありがたい限りです。

個人的には少し体力的に今までのようにはいかないのね、
と感じることもあったりして、
来年は少しペースを落としながら自分の勉強をする時間を増やしたいと思ってます。

年末年始はどこにもいかず、昨年に続き引きこもる予定です。
皆様、よいお年を。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

4年間四国に住んでます

青年団「サンタクロース会議」、無事公演終了しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

松山のシアターねこで、
駐車場を伝える係りで外に立っていたのですが、
来られるお客さんの足取りを見ていると、
何度もシアターねこに足を運んだことがある人ばかりのようで、
シアターねこも順調に地域の小劇場として活動していて、それが受け入れられているのだな、
と他人事ながらうれしく思いました。
結局、こういうことは逆転ホームランや特効薬のようなものはなく、
地道に活動を続けていくしかないのだな、と改めて思いました。

あと、外で立っていると、ちらほら知っている方にあったり、
ノトスの常連のお客さんも足を延ばしてくださったりしていたり、
上演後、
「ハルメリ観ましたよ、面白かったです。また松山に来てください」
と声をかけてくださったり、
「ロベルト・ズッコ、すごくよかったです」
と声をかけてくださる方もいて、

ああ、4年間四国に住んで演劇活動をしてきたのだな、と今さらながら実感しました。

華々しい活躍というわけにはなかなか行きませんが、
いち演出家として、いち演劇人として、地道な活動を今後も続けていきたいと思います。

はい、私、四国で演劇活動をやってます[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シアタータンク無事公演終了しました。

シアタータンク無事公演終了しました。
基礎練習などは、前期からしていたのですが、「リア王」の作品そのものの稽古は結局、「ジュリアス・シーザー」あとだったので、10日間でした[ふらふら]

ただ、なんというか、本当にたくましい学生たちで、
よくまぁ、10日間で舞台で使用した映像から稽古から振り付けからやれたな、と。
特に私の作品の常連の連中はだいたいこの日数で台本はずせば大丈夫とか、
演出の変更?はいはい、大丈夫ですよ、
みたいな感じで、傍目には余裕で対応してくれていました。
(本人たちは必死だったかと思いますが)
映像の撮影は初めて挑戦してみたので、まぁ、まだまだ情報の出し方や時間の使い方が下手で、
これからの部分も多かったですが、わかった部分も大きいので、今度はもう少し上手くやれると思います。
当日パンフにも書いたけど、僕はリア王は「人生の不条理さ」を描いていると思います。
作品は一見悪ふざけのようにも見えますが、自分なりに、まじめに「リア王」にアプローチしたつもりです。

シアタータンクの初年度は学生キャストはわずか5名でした。
それが、今や、30名以上のキャストと10名以上のスタッフが関わり、
3ステージがすべて増席、満席の状態になりました。
楽しみにしてくれている地域の方や高校生がいるようになるまで企画が成長しました。
よく、ここまできたなと感慨深いものがあります。
SARPvol.8、シアタータンク2014と四国学院大学演劇コースの完成年度にふさわしい公演となりました。
ここまでこれたのは学生たちのがんばりと、大学の全面バックアップがあったからだと思います。
あと、運もよかったな、と。

あとは卒業公演ですね。
4年生のみなさん、頑張ってください。

で、今は、松山に来ています。
青年団「サンタクロース会議」に来たのですが、
仕込みいても役立たずなので、カフェでひたすら自分の仕事をしています。
今日はすでに完売とのことでありがたいかぎりです。
ただ、明日17時からの回はまだ余裕があるようですので、時間作れるかたはぜひ。
お子様連れでも見れますが、
大人ひとりでも見れます。
大人がみても十分面白いです。

http://www.notos-studio.com/contents/event/event/521.html

今年はあとは、高校演劇の四国大会の審査員をすれば、終わりです。
演出作品が12本。
WSいっぱい。
事務仕事、さらにいっぱい。

今年もよく働きました。
来年は少しペースダウンしようと思います。
時間をかけて作品を創るようなサイクルにして、
勉強もいろいろしようかと思います。
(希望的観測)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -