So-net無料ブログ作成
食べ歩き ブログトップ
前の5件 | -

ラーメン二郎に行く [食べ歩き]

初めてラーメン二郎に行く。
前から行きたいと思っていてようやく行けた。
で、全然美味しくなかった。
途中から気分が悪くなって残す。めったなことじゃ残したりしないんだけど。
帰りの電車の中でもずーと気分が悪い。
店舗によっても味が違うようなので、たまたまその店舗がまずかっただけかもしれないけれど、まぁ、もう2度と行かない。
ああ、美味しいトンコツのラーメンが食べたい。


フランス料理屋に行く。 [食べ歩き]

24日は仕事、でその後稽古なので、今日のうちにクリスマスを済ませようと思い、ランチに以前から行きたかった学芸大学にあるフランス料理屋に彼女と出かける。
三茶からだと自転車で20分ほどでいけて嬉しい。

ボンシュマン http://www.bonchemin.com/

クリスマスコースしかなく、普段より高めの値段設定。まぁ、クリスマスは仕方がない。
美味い。
全部美味い。
一番好きだったのは鴨のコンフィ。
付け合せのレンズ豆とキャベツとのバランスも素敵。

が、に、しても、フランス料理って味が濃い。
食べなれてないせいか、一口はとて美味いのだけれど、コースで捉えると、ちょっとしんどい。
水をガバガバ飲み、パンを食べる。
そうしないと、口の中がしょっぱいままなのだ。
かなり美味しくて、かなりお腹いっぱいになるが、胃がかなりしんどい。
うーん、やっぱり、フランス料理なんてたまにでいいな。
たまーにで。

夕方から稽古。
稽古といっても、どちらかというとWSに近い。自分が何を大事にしているか、体でわかってもらうにはどうすればいいか考えながら稽古を進める。
これはこれで勉強になる。
稽古を見ながら、たしかに、演出家なんて、”面白くないもの”の中に”面白いものを見つける”、もしくは”面白がれる”人がなっているのかもしれないなぁー、というようなことを考える。
で、それを自分だけ面白がっているようじゃだめで、その見つけた”面白さ”をどうお客さんに料理しサーブするかをちゃんと考えないとダメだよなぁ。
演出は技術と経験が多くを占める、ということがわかっていれば、もう少し「つまらない演劇」は減るんじゃないだろうか?
うーん、とかいいつつ、「面白い演劇」を作るには、もっと別の何かがいるわけで。
などなど、まぁ、とにかく考え続けます。

家に帰り、ビデオでM-1グランプリを見る。
年に一度の楽しみである。
オール巨人ではないが、家で自己採点し、審査委員との差を比べてみる。
特に、松本と紳助の点は気にする。
この辺とぶれてなければ、まぁ、大丈夫ということで。
トータルテンボスがすごく上手くなってて感動したりする。
あと、ああいう、サンドウィチマンのような無名で実力ある人が出てくるのが嬉しい。
残念なのは、本当に残念なのは、ビデオ録画が途中で終わっていて決勝が見れなかったことである。
やれやれ。
肝心なところを見逃した。
まぁ、DVD化したら見るとしよう。

そういえば、フランス料理を昼食べたせいで、夜までお腹がまったくすかない。
めざせフランス留学ではあるが、行った際には味噌と醤油は必ずもっていこう。


ずーとダメにならない店 [食べ歩き]

以前から、ずーと気になっていた茶沢通り沿いのモツ焼き屋にいく。

http://gourmet.yahoo.co.jp/0000891687/0002866399/ktop/

汚い店構えだけど、いつも満席で、きっとここは美味いだろうと思いつつ、なかなか勇気もなくいけなかったのだが、今回は一発奮起して。

行くと満席。でもちょうど、席をたった2人がいて、そこに席を用意してもらう。
おいおい、ここ、いつの時代だよ、というくらいレトロ。
BGMも威勢のいいいらっしゃいませも、何にもない。
で、すげー、店の中は汚い。
でも、掃除をしていない汚さではなくて、いつからやってんだよ、のぼろい汚さなので、全然許せる。
客層は地元のおじさんたちばっか。
ちょっと期待して、ガツ刺し、モツ煮込み、もつ焼き、自家製イカの塩辛などを頼む。
美味い。全部。
実はあんまり、居酒屋とかで食べる塩辛は好きではない。
保存料とか、着色料とかばりばりの塩辛を食べてると少し気持ちが悪くなる。
でも、ここはちゃんと自家製だった。
美味い。もともとこういう味なんだよ、塩辛って。
モツも一本100円でボリュームもあるし、味も美味い。
おじいちゃんが一人で焼いているんだけど、何十年もこの仕事やってます、みたいな感じでてきぱきしてて見てて気持ちいい。
2人でビールを3本と、いろいろお腹いっぱい食べて2930円。
一人1500円以下。
おいおい、なんでこんな安いんだ。

幸せである。
なんだろうなぁ、こういう店好きだな。
フランスに行ってる山内さんに紹介したい店No1だ。
今度、機会あったら一緒に行きましょう。


ダメになってしまう店 [食べ歩き]

日曜日の夜、なんだか飲むのも疲れたなぁ、と思い、久しぶりの休肝日にした。
で、月曜日、ちょっと本も読みたいし、晩酌をやめようと思って、意識的にやめた。
火曜日はアゴラに作業に行ったので、その後、ちょっと、というか結構飲んだ。
で、水曜日は、こうなったら晩酌をやめてみるか、と思い飲まなかった。

いやいや、僕にとっては画期的に飲んでない。
まぁ、あんまり気負うと疲れるので、飲みたいときは飲むけど、ちょっとだけ、晩酌を控える日々を送ってみよう。
どうもなぁ、少しでも飲むと何もする気がなくなるもの。

ああ、そういえば、この間、三宿のラ・ボエムに1、2年ぶりにいった。
前に行ったときは、値段のわりに、ピザも美味しくて、サービスもよかったんだけど、今回はかなり残念なことになっていた。

サラダ
ゴルゴンゾーラのピザ
手長えびのトマトクリームスパゲッティ
ボンゴレビアンコ

を頼んだんだけど、まず、ピザが前に食べたものと全然ちがう。
しょっぱいだけで、まずい。
多分、ゴルゴンゾーラを変えたせいと、焼き方がダメなせいだと思う。
で、もっと最悪なのがパスタ。
パスタに腰がないし、パスタそのものの味が弱いし、味がバラバラになっている。
多分、パスタを茹でるときの塩がかなり弱いからだと思う。
で、不思議なのは、サービスの質も料理に比例して落ちているということ。
おそらく料理長と店長が変わったな。
まぁ、店でも、人間でも、ダメになるのは簡単だということだ。
2度ともうこの店には行かない。

ああ、美味しいパスタを気軽に食べたいんだけどなぁ。
やっぱ、ちゃんとしたところにいかなきゃダメか。
もうちょっとちゃんと勉強すれば、そこそこ美味しいパスタは出来るようになるのに。
とか、考えると、結局自分で作ったほうがいいようになってしまう。
まぁ、いいんだけど、それで。
今週末は自分で作ろう。


週末の出来事をまとめて [食べ歩き]

25日

警視庁で働いていた、大学の後輩が今月いっぱいで辞めて、田舎に帰るというので、最後に2人で飲みに
「焼酎の美味いところがいいです」
と言われたので、ネットで検索したら下馬に美味そうな店があったので予約をし、行ってみることに。

はがくれ
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/comment/8542/Default/1/

三茶から徒歩12分とあったが、道に迷ったせいもあり、30分以上歩いた。かなり、交通の便は悪く、分かりにくい場所にある。
はやっているらしく満席。予約をしないと週末は入れないようだ。よかった、めずらしくちゃんと予約しておいて。

ネットでの評判通り、店主がかなりの接客の悪さだが、なんというか、そういう人なんだろうと割り切るとわりと許せる。
別に悪い人ではない。接客がかなり苦手、というだけなんだと思う。まぁ、それは問題ありか。
料理は値段を考えるとかなりおいしい。
ホルモン系の刺身や串焼きにかなり満足。しびれとニンニクの芽の炒めものなど、僕のようなホルモン好きにはたまらないメニューばかり。
焼酎の種類も豊富。
生ビールのおかわりをすると、飲んでいたグラスに注がれるので、それが僕にとってはかなりのマイナスポイント。
でも、また行ってもいいなぁと思える店。

大学時代の思い出話や、警察の内部の話なので盛り上がる。

26日
かなりの2日酔い。昨日、数年に1度ぐらいの割合でしかいかないカラオケまで行ってしまい、そこでも大量に飲んだのがいけなかった。
気持ち悪い・・・

昼、新人WSの創作の稽古に行く。隣でやっていた畑中のグループが少しもめていたので、横目で見ながら鼻で笑ってたら、いつの間にか
僕らのほうも話がこじれて、数時間の話し合いの末、結局振り出しに。やれやれ、これだから、創作は・・・

夜、多田さん演出のジェットラグを見に行く。

面白かった。物凄くいろんな足かせやらなにやらがある中で、「戦ってるなー、演出」という感じ。
作品もちゃんと楽しめるように仕上がってたし。
最後の坂口さんの1人のシーンはきれいだなぁーとただ関心した。

うれしかった。
こういう場所で、こういうお客さん相手に、青年団の演出部が、青年団のスタッフ・俳優とともに、クオリティーの高くて面白い作品を作っていることが。
どうよ、演劇っておもしろいべ!
という気持ち。

終演後、しあわせな気持ちで多田さんたちと飲みに。まだ、ちょっと2日酔いだったけど・・・
俺もがんばらなきゃ。

それにしても、ああいう、ファンクラブがあるような人の顔というのは、僕らとまったく違う製品で作られているのだなぁー。

27日
2日酔いなのか3日酔いなのか、判断がつかないまま、午前中・午後といろいろ用事を済ます。

夜、新人WSの創作の稽古。
昨日と同じく停滞したまま。
隣の柴君たちのグループがなかなか順調そうなので、柴君に
「500円で設定一つ売ってくれ」
と頼んだら、自分たちがボツにした設定をくれた。
でも、ボツにした設定はやはり、ボツの設定だったので、あきらめて、自分たちでまた話あい。
「何を面白いと思っているか」
がバラバラなので、それをすり合わせるというより、どこか一箇所、重なっているような場所を探す作業。
どうにか、こうにか、設定は決まったが、そこからもまた話し合い。
セリフに対する言語感覚が違うし、成り立たせかたも違う。
結局23時まで。

創作は、時間かかりますね・・・。


前の5件 | - 食べ歩き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。